Laview logo

ひとの
源流を
診る。

ニュース NEWS

2019.12
サイバーダイン社が主催するサイバニクスEXPO2019(2019年12月)において開かれたピッチ大会でLaView社の発表が入賞いたしました。カフ式計測装置で血管の聲を聴く技術についての発表をしました。


LaView won the pitch tournament held at Cybernics Expo 2019 hosted by Cyberdyne. We gave a presentation on the technology for listening to the tone of blood vessels using a cuff-type measuring device.


本技術では、広く普及しているカフ方式の計測に、血管容量を計測する技術を付加することで、血管壁を構成する平滑筋、エラスティンとコラーゲンで構成される壁組織の特性(血管トーン)を生体情報として得ることができるようになります。


In this technology, by adding the technique of measuring blood vessel volume to the widely used cuff-type measuring device, the characteristics (vascular tone) of the vessel wall tissue composed of the smooth muscle, elastin and collagen that constitute the blood vessel wall can be obtained.


concept logo

名古屋大学発ベンチャー企業
LaView

漠然とした視野(View)から、スポットを当てるべき場所に視点(LaView)を向けるという企業です。
血管の持つ様々な特性の変化から健康状態を診ることを、身近でできるようにすることが目標です。


LaView is a Start Up company originated at Nagoya University.
We will pick up the selectgive view point from vague view and will make it realized for healthy and happy lives. This view is spoted on examining vascular functions at your daily lives.

LaView株式会社
特許第6651087号
登録商標第6155477号

人波

Corporate philosophy

高齢化、生活習慣病のグローバルな広がりが、先進国、新興国問わず大きな経済的負担になってきており、予防の必要性がより一層認識され始めています。
医療はより緊急性を要する治療に資源を集中させるようになりつつあります。

生活スタイルに起因する不健康状態(高血圧や代謝異常など)を意識して避け、血管を健康な状態に維持することで、健康寿命を延ばしていくことが個々に求められる時代になっています。

LaViewは「血管を診る」視点から健康で幸福な生活ができる環境づくりに協力してまいります。


The global spread of aging and lifestyle diseases has become a big economic burden regardless of developed countries or emerging countries and the need for prevention is beginning to be recognized even more.
Medical care is becoming more focused on more urgent treatment.
It is an age when individuals are required to avoid health problems due to lifestyles (hypertension, metabolic abnormalities, etc.) and maintain healthy blood vessels, thereby prolonging healthy life.

特許技術で「血管を診る」を実現

LaView株式会社は名古屋大学と共同で、非定常プレシスモグラフ法(特許第6651087号)を開発しました。
この技術を使い、家庭で「血管を診る」ことを実現していきます。

非定常プレシスモグラフ法では、カフ内圧とカフ内空気容量を同時に計測することで、血管に関するさまざまな情報を得ることができます。
一般の自動血圧計と同様、血圧、心拍数を計測できるだけでなく、血管容量の計測をすることができ、血管の圧力―容量関係から血管の弾性情報を得たり、血液の流れの変化に応じた刺激でおこる血管拡張反応の情報を得ることができます。これらの情報を組み合わせ血管の健康状態を診ることができるようになります。

計測は自動血圧計と同じ使用手順でできます。
まさに身近に「血管を診る」器械を実現できる技術です。


LaView Co., in collaboration with Nagoya University, has developed a nonstationary prethysmograph method (patent application).
Using this technology, we will realize "Health Check of Blood Vessels" at home.
In the nonstationary plethysmograph method, various information on blood vessels can be obtained by simultaneously measuring the pressure and the air volume inside the cuff.
Not only blood pressure and heart rate can be measured, similar to general automatic sphygmomanometers, but also blood vessel volume can be measured. Information of blood vessels’ elasticity is obtained from pressure-volume relationships of blood vessels, and information on the vasodilation response by stimulation to the vessel surface during changes in blood flow is also obtained. These pieces of information will be combined to make it possible to check the health of the blood vessels. The measurement can be done by using the same procedure as an automatic sphygmomanometer.
This is a technology that enables an instrument for familiar "Health Check of Blood Vessels" to be realized.

技術の応用について

LaView株式会社では非定常プレシスモグラフ法の活用を開発しています。
いま予防医療の重要性が再認識され、日々の暮らしの中での健康管理に関心が寄せられています。健康管理の一翼を担っているのが、広く普及している血圧計です。LaViewも血圧計のセンサーであるカフ(腕帯)から、より多くの血管の健康に関する情報を得ることがようにと、非定常プレシスモ法の活用を考えています。


Application of technology
LaView Co. is developing the application of the transient plethysmograph method.
Now that the importance of preventive medicine is recognized, there is an interest in health management in daily life. A widely used sphygmomanometer plays a roll of health management. LaView is also considering the use of the transient plethysmograph method to obtain more information on blood vessel health from using cuff (arm band) as a sphygmomanometer sensor.


(1) 血管の硬さの同定:
カフ下計測領域の血管の容量と圧力の関係を同定することができ、両者の関係から血管壁弾性を推定できます。
現在一般に広く利用されるオシロメトリック法による血圧計では、上腕に巻いたカフの圧力を上げたり、下げたりする際に計測される動脈脈波の振幅変化を記録し、その変化から血圧を同定しています。脈波の振幅の変化は、血圧とカフ圧の差により血管壁にかかる力の変化に伴い、血管壁の弾性が変わることで起こっています。血管容量の変化を同時に記録することで血管の弾性を推定します。


(1) Estimating vessel stiffness:
The relationship between the volume and pressure of the blood vessel in the measurement area under the cuff can be identified, and the elasticity of the blood vessel wall can be estimated from the relationship between the two.
The oscillometric sphygmomanometer, which is currently widely used, records the change in the amplitude of the arterial pulse wave that is measured when raising or lowering the pressure of the cuff wrapped around the upper arm, and that is used to identify the blood pressure. The change in the amplitude of the pulse wave is caused by the change in the elasticity of the blood vessel wall due to the change in the force applied to the blood vessel wall. Estimate blood vessel elasticity by simultaneously recording changes in blood vessel volume.


(2) 血圧決定範囲の拡張:
自動血圧計の適用範囲を拡大します。
多くの自動血圧計で使われるオシロメトリック法では、カフ圧変化として記録される動脈脈波の一連の振幅変化から、拡張期、収縮期の血圧を決定しています。しかし、血圧が大きく下がった時の脈波の縮小や、脈がほとんどない埋め込み型人工心臓の患者さんの血圧計測への適用には難があります。
本技術では、血管の容量と圧力の関係を同定します。両者の関係の変化を利用し、脈振幅を使わずに、血圧を推定することができます。血圧の低下をおこしやすい救急、手術室、ICUの患者さんたち、あるいは埋め込み人工心臓の利用者さんたちの血圧計測に活用することができます。


(2) Extension of blood pressure measurement range:
Expand the measurement range of automatic sphygmomanometers.
In the oscillometric method used in many automatic sphygmomanometers, diastolic and systolic blood pressures are determined from a series of the arterial pulse wave amplitude changes in recorded as cuff pressure. However, it is difficult to measure blood pressure in the reduction of the pulse wave amplitude when the blood pressure drops significantly. It is a difficult example to measure blood pressure of the user of implantable artificial heart because of few pulses.
This technology identifies the relationship between blood vessel volume and pressure. By using the change in the relationship between the two, blood pressure can be estimated without using pulse amplitude. It can be used to measure blood pressure of patients in emergency room, operating room, and ICU who tend to cause blood pressure drop, or users of implantable artificial hearts.


(3) 血管の緊張・弛緩状態の同定:
血管の健康度をチェックします。
血管は周囲を覆う平滑筋の緊張や弛緩でその径を変化させ、血流の調整を行っています。血管の健康が損なわれてくると、この調整がうまくできなくなってきます。血管に刺激を加えたときの、刺激前後の血管容量の変化を知ることで、血管の緊張・弛緩状態を評価できますが、標準化するためには、刺激前の血管容量からの変化率とするなど工夫がいります。本技術で提供される血管容量情報が利用できます。


(3) Identification of vascular tension / relaxation:
Check blood vessel health.
The blood vessels adjust their blood flow by changing their diameter by the tension and relaxation of the smooth muscle that surrounds vessels. If blood vessel health is compromised, this adjustment may not work properly. By knowing changes in blood vessel volume before and after stimulation, it is possible to evaluate the state of tension or relaxation of the blood vessel. However, in order to standardize, it is necessary to devise the rate of change from the vascular volume before stimulation. The vascular volume information provided by transient plethysmograph method can be used.


血管トーンを利用

生活習慣病や生活の乱れ、メンタルストレスなどは酸化ストレスを増大させる要因となるため、適度な運動、適切な食事や様々な酸化ストレス低減案が紹介されています。
血管機能維持・改善にも酸化ストレス低減は有効です。しかし、日常でその効果を可視化してみることは容易くありません。LaViewは血管トーンを使った可視化手段で効果確認することに取り組んでいます。

酸化ストレス低減効果があり虚血性疾患の治療でも有効であるとされ、医療機関でも使われ始めた水素吸引法や、RIC(遠隔虚血性コンディショニング)法が、多くの研究成果を応用し健康維持・増進の目的で日常でも利用されるようになってきています。これらの機器を提供している企業と連携し、効果可視化血管トーン計測応用法開発を進めています。日常で血管の調子(トーン)を聞くことができるようになります。


Application of Vascular tone measurement

Since lifestyle-related diseases, disorder of life, mental stress, etc. are factors that increase oxidative stress, moderate exercise, proper diet and various oxidative stress reduction plans are introduced.
Oxidative stress reduction is also effective for maintaining and improving vascular function. However, it is not easy to visualize the effect on a daily basis. LaView is working on confirming the effect with a visualization method using vascular tone.

H₂ (molecular hydrogen) Inhalation and RIC (Remote Ischemic are well known methods to reduce oxidative stress, and an effect of reducing oxidative stress is also effective in the treatment of ischemic diseases so that they have begun to be used in medical institutions. Many research results on H₂ Inhalation and RIC effects have been applied to maintain and promote health. We are working with companies that provide the devices for H₂ Inhalation and RIC to develop applications of vascular tone measurement for visualization of effects. You will be able to hear the tone of blood vessels on a daily basis.


連携企業(順不同)

 

ヘルシーエイジング

からだは糖を酸素で燃やし、生きるエネルギーを作り出しています。そのプロセスでできるのが活性酸素です。活性酸素は、免疫反応で殺菌に使われたり、生体情報を伝えたりする大事な物質ですが、生活習慣病などでバランスが崩れると、活性酸素が蓄積し酸化ストレスとしてDNA損傷、酵素不活性、タンパク質変質などを引き起こし、老化の促進、がんの発症、動脈硬化の進展などにつながっていきます。

「人は血管から老いる」といわれるように、酸化ストレスの影響を血管はいち早く受けます。 LaViewは健康バランスの崩れを血管という視点からとらえ、血管機能という指標でバランス状態を日常的にチェックできる機器の開発を進めています。

人生100年時代といわれながら、元気寿命は10年も20年も短いといわれています。酸化ストレス状態を抑えるよう、規則正しい中に、人との関わりや娯楽、休養などの刺激のある生活リズム、バランスのとれた食事、適度な運動が大事です。 これに加え、「血管を診る」ことで健康バランスを保ち、ヘルシーエイジングを実践しましょう。


現在の健康寿命は寝たきり、要介護状態になる前の運動機能や認知機能などの身体機能が強度に弱まった状態(フレイル)まで含めて定義されています。
元気寿命延伸は、フレイル状態にならないことも目標です。


The body burns sugar with oxygen to create the energy to live. This process produces active oxygen. Active oxygen is an important substance that is used for sterilization in immune reactions and transmission of biological information. But when the balance between producing and scavenging active oxygen is broken due to lifestyle-related diseases, active oxygen accumulates and oxidative stress increases. This health condition causes DNA damage, enzyme inactivity, protein deterioration, and leads to the promotion of aging, the onset of cancer, and the development of arteriosclerosis.
Blood vessels are sensitively affected by oxidative stress and loose the functions to keep good health condition, as it is said that "A man is as old as his artery" by Dr. William Osler.
LaView has tried to capture the breakdown of health balance from the viewpoint of blood vessels dysfunction, and has developed a daily using device that can make it possible to check the health balance status by the index of blood vessel function. Even though it is said that we will get the 100th year of life, healthy lifetime is shorter than lifespan for 10 or 20 years.
To maintain “healthy balance”, not only balanced diet and moderate exercise to reduce oxidative stress but also regular activities and relationships with people, adding rest and entertainment for stimulating life rhythms are important. LaView adds “Blood Vessel Health Check to know the status of balance”.
Let's practice Healthy Aging.

酸化ストレス

人波

会社概要

会社名LaView株式会社(ラビュー株式会社)

所在地〒464-0814
愛知県名古屋市千種区不老町1番 名古屋大学インキュベーション施設 208
※出入り口は施錠されておりますので事務所までお電話下さい。
※お車でお越しになられる際は、事前にご連絡をお願いいたします。

代表者名益田 博之

資本金4210万円

事業内容ヘルスケア (事業企画・開発・マーケティング)

電話番号+81-52-734-8587

お問い合わせ / Contact form

会社名 / Company Name
お名前 / Name
電話番号 / Tel
メールアドレス / Email
お問い合わせ内容 / Messages